講座・イベント  日時:2019年9月1日(日)~9月28日(土)

パネル展「育児と介護のダブルケア」

【会期】 9月1日(日)~9月28日(土)
【会場】 越谷市男女共同参画支援センター「ほっと越谷」交流コーナー壁面
【内容】
近年、晩婚化・晩産化・高齢化を背景に、育児期にある人(世帯)が親の介護も同時進行で担う「ダブルケア」の問題が指摘されるようになってきています。
内閣府では、女性のキャリア断絶の防止に向けた「ダブルケア」問題の実情把握のため、「育児と介護のダブルケアに関する実態調査」を実施し、2016年(平成28年)4月に調査結果を公表しました。
今回のパネル展示では、この「育児と介護のダブルケアに関する実態調査」について、北海道立女性プラザがまとめたパネルをお借りしました。

育児期と介護期が重なり、ダブルケアに直面する可能性があるのは主に30~40歳代の人たちです。
働き盛りの世代にある従業員が、ダブルケアによって働きたいのに働けない状況に追い込まれるのは、働く人だけでなく企業にとっても看過できない問題です。
働く人がダブルケアに直面した時に、仕事との両立を困難にする問題は何か、どのような支援があれば働き方を変えずに済むのか。
当事者たちの声を聞いた調査結果から一緒に考えてみませんか。